スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パーティーは終わった-胸キュン騎士-」 後記

先日久しぶりにゲームセンターでハッスルしてました(=w=)

20110805_1.jpg

にゃんぱいあ…もとい、
独眼竜まさむにゃが可愛すぎてつい財布も緩みます。

眼帯してるだけなのに… orz

わかってるのにニヤニヤしてしまうのはきっと病気でしょうw
当分治りませんね。


閑話休題。


さて、先日終了したゲームの後記です。

・・・ギリギリ最後の最終話だけ間に合わず orz
せめてあと半日あれば・・・くっ


↓ 「パーティーは終わった-胸キュン騎士-」 後記 ↓

スペシャルフロアはドラマ化されてる・・・というのと、
ぶっちゃけ話が良くわからなかったので省いちゃいます。

ストーリーは読み返す暇がなかったのでうろ覚えでざっくりです。

in ロビーフロア
カズマ - そばにいたい -
 パーティでたくさんの女性に囲まれていたモデルのカズマ。
 女性から逃げて休憩していたカズマにつかまった主人公。女避けのために連れの振りをして傍にいることに。
 やがて休日にも合うようになった二人。
 夢を語るカズマの活躍ぶりに、自分が見劣るように感じる主人公ですが、
 主人公にだけ本音を見せるカズマは「これからもずっとそばにいろ」と命令するのでした。


千郷 - 驚かされたい -
 一人でいた主人公に声をかけてきた千郷。
 友人とはぐれたという千郷と一緒に人を捜した主人公。お礼に、と会うように。
 主人公と会うたびにいろんなサプライズをして喜ばせてくれる千郷。
 でもいつの間にか毎回それを期待してしまっていることを千郷に指摘されます。
 そして反省した主人公は、今度は自分からも千郷にサプライズをと行動するのでした。


ワタル - 甘えられたい -
 パーティで転んでいたワタルと知り合った主人公。
 ワタルとデートするようになってからは、いつもワタルのリードで高級レストランや高級品のプレゼント。
 そんなワタルに違和感を覚える主人公、大量の借金の明細を見つけてしまいます。
 問い詰めると大人の男性として主人公を喜ばせたかったと言うワタル。
 でも主人公は飾らないそのままのワタルでいて欲しいと言うのでした。


遥 - 引き止めたい -
 パーティの片隅にいた遥と知り合った主人公。
 若いのに世間の流行に疎く、自分のことをとてもおじさんだと言う遥。自分のことは話そうとしません。
 寂しそうにパーティを見つめる遥。実は幽霊であるということに主人公は気づいてしまいます。
 遥の未練はパーティでダンスしたいということ。それが何を意味するかを知りつつも主人公は遥をダンスに誘います。
 お礼を言い月の下で消えた遥。
 ・・・そして後日、再びパーティを訪れた主人公。
 遥がいないと分かりつつも名前を呼び、幽霊でもいいから一緒にいたかったと涙を流します。
 「本当に?」と現れた遥。新しい未練ができたという遥に驚きつつも主人公は喜ぶのでした。


in ダンスフロア
ナツ - 嘘つきたくない -
 パーティで有名人のナツを見かけた主人公。
 休憩にテラスに出たところで、隠れていたナツをかくまうことに。
 それから会うようになった二人、でもナツと居る時には頻繁に電話が。
 「賭け」というキーワードを聞いた主人公はナツの行動を不審に思います。
 話があると呼び出された主人公。
 ナツはパーティの日友人との賭けで主人公を口説いたことを告白します。
 ショックを受ける主人公ですが、ナツはもう嘘はつきたくないと主人公に告白するのでした。


一樹 - 甘えたい -
 パーティで知り合った一樹と仲良くなった主人公。
 カッコイイのに弱いお酒を飲んで酔ってしまったりする一樹の世話はいつも主人公。
 弟のような一樹を素直に男性として見れません。でも一樹は主人公が無理していることに気付きます。
 自分がもっと頼れるような男になると主人公に言う一樹。
 一樹の言葉に自分が背伸びし過ぎていたことに気付いた主人公。
 本当はもうずっと前から一樹を男性として見ているのでした。


ミナミ - 味わいたい -
 パーティで甘い匂いに誘われミナミと知り合う主人公。
 ミナミの甘い匂いと雰囲気にどんどん惹かれていきます。
 パティシエのミナミは主人公のために、自分の店に呼んではケーキをご馳走してくれます。
 ところがある日突然ミナミは店を閉め、主人公と会うのを止めると言い出します。
 ミナミのケーキの味が変わったという評判を聞いた主人公。
 ミナミに会いに行くと主人公の事が好きだから店を続けられないと言われます。
 どうすればいいのか悩んだ主人公はミナミにある提案をします。
 新しくオープンしたオーダーメイド専門のケーキ店、そこにはミナミと主人公の姿がありました。


慧 - 嫉妬されたい -
 パーティをじっと見つめる慧と目が会い、なんとなく気になっていた主人公。
 帰り道で偶然会った慧に思い切って連絡先を尋ね、会うように。
 ところが慧は一緒にいてもいつも上の空。
 行く先にはいつもパーティで見たあるカップルがいて、その女性を見ていることに気付きます。
 そしてある日、喫茶店で話す慧とあの女性の会話を聞いてしまいます。
 「いまでもまだ好き」という慧の言葉を聞いた自分は悩み、慧と距離をおき始めます。
 そんな慧に呼び出された主人公。
 実は探偵だという慧。依頼者の妻のあの女性を見張っていたのだと言います。
 その言葉に安心する主人公。今度は自分だけを見てほしいと言うのでした。


in バーフロア
瑞貴 - 大人になりたい -
 バーで出会った瑞貴と仲良くなった主人公。
 いつもオシャレな瑞貴は服屋の店員だと言います。
 店で働く楽しそうな瑞貴を見て、なんだか自分も嬉しくなるのでした。
 ところがある日瑞貴の店に行くと裏から怒鳴る声、そして目を赤くして出てきた瑞貴が。
 気まずい雰囲気のまま店を出て行った瑞貴。
 後日大人げなかったと謝る瑞貴を主人公は励ますのでした。


仁 - 受け止めたい -
 医者だという仁と仲良くなった主人公。
 忙しい合間をぬって会ってくれる仁に惹かれていきます。
 デートで海に行くのを嫌がる仁。寝ている間につぶやいた女性の名前が気になります。
 仁はかつて恋人だった女性を事故で亡くしているのでした。
 主人公は仁の重い告白に、全てを受け止めて仁と一緒に居たいと伝えるのでした。


大悟 - 近づきたい -
 気分が悪かった主人公に水をくれた大悟。
 街で大悟を見かけた主人公は追いかけた水族館でお礼を言います。
 ダイバーをしているという大悟と一緒に海に行った主人公。二人で買ったストラップを渋りつつも付けてくれます。
 でもそのあとから突然避けられてしまうように。
 かつて一緒に行った水族館に行くと大悟の姿が。
 避けていたのは主人公のことを好きになりすぎて戸惑っているから、という言葉を聞いてホッとするのでした。


恭介 - 騙されたい -
 紳士的な恭介に誘われた主人公。
 いろいろな仕事をしているという恭介とのデートは紳士的で高級な世界です。
 ところが帰り際に恭介が落としたメモには、話していない自分の事までびっしり書いてありました。
 問い詰めると「あと少しだったのに」と去って行った恭介。しかし主人公は再びパーティで恭介に会いに行きます。
 恭介の口から「騙そうとしていた」と聞いても、自分を偽る寂しそうな恭介をほっておけない主人公。
 自分でもわからないけど一緒にいたい、という主人公に「これからも騙し続けてやる」と恭介は微笑むのでした。


in テラスフロア
壱成 - 綴られたい -
 バーで知り合った壱成は小説家だといいます。
 どんな小説家を書いているのかは教えてくれないままデートを重ねる二人。
 バーのマスターから壱成のペンネームを聞いた主人公は壱成の恋愛小説を読み始めます。
 すると壱成の行動が小説と同じであることに気付きます。小説の結末は別れ。
 自分の小説を読んだ事を知った壱成は主人公との別れを覚悟します。
 しかし主人公は小説とは違う、自分たちの物語を綴ろうと壱成に言うのでした。


和泉 - 溶け合いたい -
 コーヒーのお酒を飲む和泉と知り合った主人公。
 コーヒーの話になると目を輝かせイキイキする和泉。
 主人公をミルクのようだと表現する和泉ですが、コーヒーにミルクを混ぜる様子を見ると悲しそうな顔をします。
 突然和泉から別れを告げられた主人公。
 理由を問いに来た主人公に、コーヒーにミルクを混ぜて見せた和泉。ミルクを染めてしまうのが嫌なようでした。
 しかし主人公はコーヒーとミルクのように、自分たちもお互いを染め合いたいのだと言うのでした。


准 - 支えたい -
 パーティで出会った准のオレ様ぶりに振り回される主人公。
 でもそんな関係が心地よいと感じる自分もいるのでした。
 ある日店で流れた曲を聞いた途端に店を出て行ったしまった准。
 別の日、その曲がメジャーデビューが決まったインディーズのバンドだと知り、それが准だと分かります。
 しかしデビューが決まっても嬉しくなさそうな准。今までのように曲が作れなることに迷いがあるようです。
 主人公は准の曲に励まされた事を伝え、これからは自分が支えていくと宣言するのでした


ジュンセ - 離れたくない -
 韓国人であるジュンセと知り合った主人公。
 主人公のことをストレートに誉めるジュンセに照れるばかり。
 そんな中、韓国へ長期の出張が決まったジュンセと離れ離れになることに。
 久しぶりに日本に帰ってきたジュンセとたくさんの楽しい思い出を作ろうと主人公は笑顔を見せます。
 しかし別れが近づき、堪え切れず涙を流した主人公にジュンセは・・・。


orz

ジュンセの最終話だけ見れなかったんです~っ(ノД‘)∵
残念。
多分最後でハッピーエンドなのはわかるんですけど。

個人的に好きなのは遥さんとミナミさんかな~。
以前紹介のときに、
「遥さんのシナリオはビックリだ」と書いた理由がお分かりいただけたでしょうか?
最終話行く前に遥さんが成仏しちゃったので、
「あれ?これ最終話どうすんだろ??」と思っていたのですが、まさか復活とはw
幽霊&人間のままハピエンのオチにはびっくりです。
でも、意外だったしこれはこれでいいかと。
他の人には見えない自分と話す主人公を気遣って会場の端にいた遥さん。
しかし彼の死因や未練の辺りは詳しく書かれていないのでちょっと残念。
誰か踊りたい人がいたんだろうか?本当に憧れだけ??


ミナミさんはストーリーのオチが最後まで分からなかったのですよね。
主人公と出会って、主人公がケーキを食べるのを喜んで見ていたミナミさん。
それなのにお店を閉めてしまうという・・・なんで??
実は主人公に惹かれるにつれて、ケーキが主人公好みの味になっていってしまったんですね。
「誰かのためにつくるケーキ」の喜びに目覚めたミナミさんの決断が、
いったん店を閉め、オーダーメード専門のケーキ屋になることだったと!
そして最終話で店のカギを主人公に渡すミナミさん。


いいじゃないですか~(* ̄▽ ̄)
結構この話は好きでした。
商売として成り立つのかは分かりませんがねw

あと、このゲームはフロア全員をクリアすると、スペシャルストーリーが読めるのです。
とはいってもロビーフロアだけだったと思うのですが。
他のフロアは未確認ですが多分なかったと思います。

ロビーフロアの4人が他のキャラと絡むお話です。

・カズマ&千郷
 ロビーで会った二人の会話(内容忘れた)

・カズマ&ワタル
 公園にいたカズマに声をかけてきたワタル。
 カズマに憧れていると目を輝かせるワタルだった。


・カズマ&遥
 テラスで酔っていたカズマが遥に話しかける。
 気が付くと遥はおらず、いつの間にか持っていた水を飲むのだった。


・千郷&カズマ
 ロビーで会った二人の会話の千郷バージョン。

・千郷&ワタル
 街で情報誌を持ったワタルに店の場所を聞かれた千郷。
 一生懸命なワタルを微笑ましく思うのだった。


・千郷&遥
 ワインを飲もうとしていた千郷と遥の会話。
 自分と同じ年だと遥が言ったワインの年数を見て、冗談だと思う千郷だった。


・ワタル&カズマ
 公園で子供たちと遊んでいたワタル。
 憧れるモデルのカズマを見つけ声をかけると、逆に励まされる。

・ワタル&千郷
 デートで行くつもりの店を捜して街を歩くワタル。
 ぶつかった千郷に店の場所を聞き、デートを思い描くワタルだった。


・ワタル&遥
 パーティでぶつかった遥に水をこぼされたワタル。
 自分は行けないからと遊園地のチケットをもらうのだった。


・遥&カズマ
 酔ったカズマにテラスで突然声をかけられた遥。
 驚きつつもカズマのために水を持ってきて渡してあげるのだった。


・遥&千郷
 お酒を選んでいた千郷と会話する遥。
 自分と同じ年のワインを勧めると、信じないだろうなと思いつつ姿を消すのだった。


・遥&ワタル
 遥が持っていた水がワタルにかかってしまう。
 遥は会場で拾ったチケットをお詫びにとワタルに渡すのだった。


本編ストーリーの裏側という感じで楽しめました。
意外と遥さん見える人多いのね・・・w

というわけで、ジュンセの最終話だけ見逃しましたが、
結構ストーリーは楽しんだゲームでした。( ̄▽ ̄)ノ<アリガト-☆

テーマ : 乙女ゲー
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだ りうは

Author:ひだ りうは
偏ったゲーム好きです。
飽きっぽいのでなかなかクリアできずに放置すること多々アリ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
comment
twitter(お気軽にカモン!)
volume
他の人のブログへ行くなら

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ にほんブログ村 ゲームブログ 携帯アプリゲームへ にほんブログ村 ゲームブログ モバゲータウンへ
ランキングはこちらをクリック! 人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

else...
clock

made in...?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。